ワキガはどんな臭い

ワキガはどんな臭い?

 

ワキガは、皮膚のアポクリン腺から分泌する汗が原因で起きる、独特の強烈な臭いです。

 

ワキガの臭いは、個人差があるため同じように言えませんが、ゴボウの臭い、鉛筆の臭い、雑巾の臭い、タンスの臭いなどに例えられるようです。

 

 

不快で強い独特な臭いのため、本人も気になりますし、周りの人にも嫌な思いをさせてしまうために、ワキガ対策グッズを使っている人や、重度になると手術による治療を受ける人もいます。

 

 

また普通の汗と違って、アポクリン腺から分泌される汗は衣類に黄色いしみがつき、汗の量も多くなるため、見た目でも不潔感を与えてしまいます。

 

ワキだけでなく、アポクリン腺のある性器や乳輪から臭いがしてしまう「裾ワキガ」と呼ばれるワキガの症状もあり、女性で悩みを抱えている人も多くいます。

 

ワキガの原因は?

 

ワキガは、ワキにあるアポクリン腺という汗腺からの汗と、皮脂腺からの分泌物の分解が原因で発生します。

 

 

ワキには、アポクリン腺とエクリン線という2つの汗腺がありますが、同じ汗腺から出る汗でも、どちらの汗腺から出るかで臭いが違ってきます。

 

アポクリン腺からの汗 ⇒ ワキガの臭い

エクリン腺からの汗 ⇒ 汗くさい臭い

 

 

汗をかきやすい人がワキガになりやすいとは言えないのは、どちらの汗腺から汗がたくさん出るのかによって違いがあるからなのです。

 

 

アポクリン腺が生まれつき多い人や、アポクリン腺からの汗の量が多い人は、ワキガになりやすい傾向があるようです。

 

 

ワキガ対策は、原因となるアポクリン腺からの汗の分泌と、皮脂腺からの分泌分をできるだけ抑えるということが大事になってきます。

 

 

重度の場合で、ワキガを根本的に治療するには、アポクリン腺を取り除くという手術もあります。

 

 

ワキガの治し方

 

毎日の生活の中でも、アポクリン腺を刺激しないように、汗の量を抑えることがワキガ対策では大事になってきます。

 

アポクリン腺からの汗の量を増やさないように心がけましょう。

 

 

食生活

 

油っこいもの、肉、バター、チーズ、牛乳などの動物性たんぱく質は、ワキガの原因となるアポクリン腺を刺激します。その刺激が原因で、アポクリン腺から分泌される汗の量が増えてしまいます。

 

ストレス

 

ストレスを感じると、アドレナリンの分泌が活発になり、アポクリン腺からの汗の分泌が促進されてしまいます。ワキガの悩みからストレスを感じて、それが更にアポクリン腺を刺激するという悪循環に陥ってしまいます。

 

肥満

 

肥満の人は皮下脂肪が多く、体内の熱を放出しにくいため、においの強い汗をたくさんかきやすい傾向があります。また皮脂腺からの分泌物も多くなるため、それが混ざることで、においがより強くなってしまいます。